社葬と他の葬儀の違い

社葬・個人葬・密葬・合同葬

葬儀にはさまざまなスタイルがありますが、主催する人や団体、また参列をする人によって分類をすることができます。

普通人が亡くなったときには、その人個人を葬るための個人葬が行われます。
ですが亡くなった人が企業内で重要な立場にあったような場合には、個人葬としてその人を送るというだけでなく企業同士のつながりによりより多くの参列者が訪れることになります。

個人葬は基本的に残された遺族が主催者となって行うことになるのですが、そうした企業の顔としての立場のある人がなくなった場合には式の規模が大きくなってしまうことから家族内だけではうまく仕切りができないこともあります。
また訪れる会社関係の方に家族が挨拶をすることにあまり意味がなかったりもします。

そんなときに遺族に成り代わってより大きな規模での葬儀を会社関係者が企画をするというのが社葬です。

反対に葬儀を行うことを広く世間に知らせるようなことなく、親族のうちのさらに内輪だけで行う葬儀のことを密葬といいます。

そして合同葬とは、個人葬と社葬の中間にあたる葬儀方法で会社と遺族とが合同主催者となって葬儀を行います。

社葬を開く意味とは

なぜわざわざ社葬、個人葬と区別をする必要があるかというと、その葬儀における趣旨が異なるためです。

先に少し述べたように残された遺族にとっては亡くなった個人を悼む意味で葬儀を開くものですが、企業関係者にとっては亡くなった個人よりむしろ取引先の関係者が亡くなったことへの挨拶という意味の方が重要になります。

ですので、仮に遺族たちで大規模な葬儀を執り行うことができるとしても、趣旨が異なるため葬儀の参列者をうまくまとめることができません。

そこであえて式における趣旨により主催者を分けることで、参列者にとって混乱のない葬儀を行うことができます。

大会社においては個人葬と社葬の意味合いが大きく異なりますが、中小企業や同族企業などでは個人葬で集まる人と社葬で集まる人とにそれほど差がないこともあります。

そうしたときには遺族と会社関係者がそれぞれに立場を踏まえて式進行をしていくことになる合同葬が選ばれます。

社葬といっても通り一遍なものではなく、その個人が企業においてどのような立場にあり、どんな亡くなり方をしたかによって取扱に違いが出てくるのでケースバイケースでどのような葬儀にするかを考えて企画していっくことになります。

両方を行いたいというときには

社葬で見送るべき立場の人が亡くなったときにはその葬儀を仕切るのは会社関係者ということになりますが、だからといって個人葬をしてはいけないということにはなりません。

一般的に大規模な社葬を行う場合には、その式とはまた別の場所と時間に個人葬や密葬が行われることがよくあります。

よくある流れとしては亡くなったあとできるだけ早い時期に個人葬を密葬形式で小規模に行い、十分に時間をとってからまた別の日程で社葬を開くというものです。

密葬の場合には参列をするごく少人数にのみ葬儀の日程が伝えられるので、会社関係者が気を使って葬儀を訪れるということもありません。