自社で葬儀を行う注意点

自社の名誉と信用に関わります 社葬は亡くなった故人を悼むだけでなく、会社にとって大きな貢献をしてきた人物が亡くなったことを外部に広く知らしめ、その上で今後も関わりをもっていきたいという意思表示を示すための1つのイベントで

複数社から見積もりを得る事

葬儀の準備は、急に亡くなった人に対しては通常48時間程度の短い期間で行わなくてはなりません。 よく比較されることですが、結婚式のための準備の場合には万が一のときの延期や中止もできるので、予定の日付から半年~1年以上も余裕