弔電の送り方

社葬の案内が届いたものの、代表として出席すべき人がどうしても他の都合のために出席ができないという場合もあります。
個人葬の場合でも、非常に遠方の地域に住む人などは急な葬儀に出席することができず、弔電を送ってお悔やみを伝えることはよく行われています。
社葬の場合も、急な予定のためにどうしても対応できないということは周囲もよく知っていることなので、弔電を出席に替えるということは全く失礼には当たらない行為です。
ですが注意してもらいたいのは、社葬として行う場合には、個人葬とはまた違った社会的なマナーやルールに従う必要があるということです。
社葬の式典内においては届いた弔電の文面を紹介することもよくあるので、問題ないように常識的な内容でまとめたものを送るようにしましょう。

まず社葬を送る側のマナーとしては、弔電の宛先は喪主名にしておくことが一般的です。
社葬なのだからと故人が亡くなった企業名宛に送るのがよいかと迷う人もいるかと思いますが、基本的には弔電は個人宛てに送る形にするのがといでしょう。
反対の送り主には企業名でも個人名でもどちらを記載しても構いません。個人葬でもしばしば「○○同級生一同」のような団体として弔電や献花をする人も見かけられるので、特にどのような名義であっても問題はないと言えます。
ただし、会社名義を送り主とする場合には、必ず担当責任者名も併記しておいた方がよいようです。
弔電をいただいた方には葬儀終了後にお礼状などを送付するのが通例なので、送付時に正しく送れるようにしておく配慮も大切です。

弔電の文面も普段あまり文章を書き慣れない人にとっては非常に悩ましいところですが、こちらはNTTなど弔電の送信を専門に取り扱う業者にきちんとテンプレートが何種類か用意されているので、そちらを流用するかもしくはそれをもとに独自の文章に作り変えるかをすればよいでしょう。
どちらにしろ、弔電ではあまり長い文章にはせず、基本的な一文で済ませる方がよいかと思います。

弔電に関するメッセージでは、送る側も答える側もあまり奇抜な内容は狙わず、むしろ当たり前すぎる内容でまとめるのがよい方法と言えます。
弔電はあくまでもその意志を伝えるためのものなので、具体的な故人への思いを述べるよりも、かしこまったおくやみのメッセージとする方が適切です。
もし葬儀が終わってから葬儀のことを知ったという場合には、弔電ではなく電報や電話として早めにおくやみを伝えるようにします。