葬儀での服装マナー

社葬における服装のマナー

社葬に参列をする場合には、個人葬のとき以上にしっかりと服装に気をつけ周囲から浮かないようにすることが大事です。
といっても、個人葬と比較して特別に用意しなければいけない服装があるというわけではなく、一般的な喪服を着用しておけば問題はありません。

ただ喪服を着ていればよいというわけではなく、パンツのシワやシャツの襟元汚れなど細かい部分にしっかりと配慮をして、清潔感のある服装になるように最新の注意を払いましょう。

男性の場合は整髪剤、女性の場合は香水や化粧品などであまりにも匂いが強すぎるものをつけていくのは服装のマナー違反になります。
葬儀の席においては匂いはかなり重大な違反になるので、極力匂いのないよう気をつけて準備をしていくようにしましょう。

社葬時の服装・男性編

社葬に参列する場合の男性の服装としては、通常の喪服として販売されているダークスーツを着用します。
できるだけ黒で仕立てられた喪服専用のものを着用するのが望ましいのですが、急で用意が間に合わないというときには、濃紺もしくは濃い目のグレーの服装でも基本的にはOKです。
なおスーツはシングル・ダブルのどちらでもよいこととなっています。

スーツは上下で着用をしますが、夏場の暑い時期においては半袖になりたいこともあるかと思います。
ですが男性のスーツは基本上着までを着用することと決まっているので、せめて入り口で受付をするときにはきちんと着用してボタンをしめておくようにしましょう。

最近はクールビズなどで会場内の温度が高めになっていることもあるので、そのあたりは臨機応変に会場のアナウンスに従うようにしてください。

注意が必要なのが「光るもの」と「靴下」です。
普段から金色の時計やネックレスを着用しているという人も、葬儀の席では外すようにしましょう。
微妙なのが銀色の時計や結婚指輪などですが、これは特に華美にすぎるということがなければ特にマナー違反ということにはなりません。

本来的な意味でいけば金製品や銀製品も葬儀の席でNGというわけではないらしいのですが、なんとなく神妙な葬儀の席では外した方がよさそう、ということで定着した習慣のようです。
もし非常に儀礼に厳しい式のときにはとりあえずすべて光物は外しておいた方が無難でしょう。

社葬時の服装・女性編

女性の場合は男性と異なり、喪服のデザインはさまざまになっています。
ダーク系のスーツであれば特に問題はないのですが、やはり社葬という葬儀の席で考えるならきちんと「喪服」として販売されているものを一着用意しておくのがよいでしょう。

ここで気をつけたいのが、スカート丈と小物を入れてゆくバッグです。
スカート丈は一般的にはひざ下がよいとされており、ひざ上など露出が高いものはNGになります。
また女性の場合正装とされるのはストッキングまで着用となっているので、生足のままではいけません。

アクセサリーを着ける場合には真珠のものを使うようにし、光物となるネックレス、時計、ピアスなどはできるだけ外して参列するようにしましょう。