社葬の供花について

社葬における供花・香典について

社葬の場合には、葬儀の際に供花や香典を受けるときのきまりが個人葬とは異なってきます。

個人葬の場合には参列をする人は最初の受付で香典を渡し香典返しを帰りまでに受け取るという流れになっています。
ですが参列者人数の多い社葬や、一般からの参列も受け付けているような場合にはあらかじめ香典や供花をお断りするようにしていることもよくあります。

供花を依頼する場合には社葬が行われる当日もしくは直前の日程で花屋や葬儀を行う企画会社に依頼することになりますが、そうした事前の依頼を断るために葬儀を行うという連絡のための案内文や新聞広告に供花や香典をお断りする旨を記載していたりします。

なので社葬に参列をするときにはそうした細かい指示文言にもしっかりと目を通しておかなくてはいけません。
もし主催者側がお断りをしている葬儀において供花や香典を持ち寄るようなことがあれば、むしろ失礼にあたることになってしまいます。

なぜ供花・供物を断るか

主催者が社葬における供花や供物を断る理由はいくつかありますが、最も大きなものはそれを受け付けることにより参列者にランク付けがされてしまうことを避けるためです。

社葬をするときには亡くなった人が所属していた企業と代表者が参列をする企業とがどれほど親密な間柄であるかということが重要になってきます。

大きな取引先である企業がいくつか合ったりした場合には、そのいずれに対しても特にランク付けを感じさせないようにするのが社葬におけるマナーになってきます。

しかし事前に会場内がどのようになるかがわからない葬儀においては、注文をする供花の大きさや種類によってその企業のランクを示すようなことになってしまったりします。

遠慮をして控えめな供花を選んで依頼をしたところ、ライバル関係となる別の企業が最高ランクのものを注文していたとなると、参列をする企業関係者はかなりバツの悪い思いをしてしまうことになるでしょう。

そうした余計な争いの種を避けるためにも、規模の大きな社葬においてはあらかじめ供花や供物をお断りするようにしているのです。

供花・供物を受け取ったら

とはいえ、大規模な会場を貸し切っての葬儀の席において供花や供物が全くないというふうにするわけにはいきません。
参列者から供花・供物を受け取らないと決めたなら会場内を飾る花などは主催者側がしっかりと準備をしておく必要があります。

反対に供花や供物を受け取る場合には、それらをどのような順番で配置していくかということを細かく決める必要があります。

基本的には頂いた供花や供物の配置は遺族や親族、会社関係の個人が最も目立つ上位の位置となります。
会社関係者や取引先、一般参加者有志からの供花は大きさやデザインにもよりますがかなり綿密に考えて配置をしていかないとのちのち面倒が大きくなるのでよく考えましょう。