社葬のマナー

社葬における基本的なマナーとは

会社主催で行う社葬の場合においても、参列をする個人が守るべきマナーはそれほど大きな違いはありません。
一般的な個人葬に参列するのと同じような喪服を着用し、必要に応じて香典や供花を準備していきます。

ただし社葬の場合には故人を悼むというよりも、取引のある会社関係の人が亡くなったことにたいしてお悔やみを申し上げるという社交辞令的な意味が強くなりますので、そのあたりから若干対応に差が出てくることもあります。

まず最も重要になるのが、その社葬に企業として誰が参列をするべきかということです。
例えば自分のいる企業と長年の付き合いのある大口取引先の経営者クラスの方がなくなったということならば、やはり企業としては同じく社長やそれに匹敵する経営者が参列をするべきです。

参列をするのが直接顔を合わせることが多かった営業担当者とその直属の上司までで十分ということもあるでしょうし、社長や会長クラスとまではいかなくとも管理職にあたる人が出るべきというケースもあります。

どの立場の人が社葬に出るかによって社葬を主催する側の企業が自社の立場をはかることもあるので、誰が参列するかは慎重に検討しておきたいところです。

もし直接関わりのある担当者やその上司が出席できないというときにはきちんと代理人を立て、そのことがわかるように名刺などを置いていくなどの配慮も必要になるでしょう。

社葬中のNG行為

葬儀が始まったら、通常の葬儀同様に席につきその葬儀における宗派流儀に従って式をしていきます。
故人が特定の宗教を信仰をしていた場合には、あまり一般葬では見かけないような方法をとることもありますが、そうしたときにはあらかじめ基本的なマナーを勉強していくようにしましょう。

ですが大抵の社葬においてはかなり大勢の人が訪れることになるため、それほどクセの強い式をするというケースはそれほどないようです。

それでももし葬儀中の行動について不明なときには、先に葬儀を主催するスタッフにさりげなく聞いておくなどして目立ってマナー違反をしないように心がけます。

また社葬中に最も行ってはいけないのが「仕事」です。
社葬においてはそれぞれの企業担当者や顔見知りが集まることもあります。
ですが社葬の席中に名刺を交換したり、現在とりかかっている別件について打ち合わせをするようなことはあってはいけません。

あくまでもその式場内においては葬儀をすることとし、本来の趣旨と外れた行動はとらないようにするというのが最低限のマナーになります。

主催者側はかなり厳しくマナーチェックを

参列者にとってはそれほど厳しく問われないマナーですが、これが主催者側になると全く異なってきます。

規模の大きな社葬においては、大抵の場合葬儀企画会社に依頼をして大まかな運営についてはおまかせをしていくことになります。
ですがやはり主催者としては受付や誘導、待合室などでの接待は社内スタッフが行うようにするものです。

そうしたときには立場が葬儀委員長、立ち札役員、その他役員、運営スタッフというランク順に服装などをしっかりと分けて客観的にわかりやすくしておきます。
男性の場合はモーニングにするか略礼服にするかといった区別がありますが、女性の場合はドレスコードに迷うこともあります。

疑問点などは信頼できる葬儀運営会社さんに相談をしておき、あまり独断だけで動かないようにしましょう。