1. >
  2. >
  3. 神道のお葬式:玉串奉奠のマナー

神道のお葬式:玉串奉奠のマナー

神式葬儀における「玉串奉奠」とは


仏式に並んで日本国内で多く行われている葬儀方法が神式です。
神式は神道の方式にのっとった葬儀方法のことで、正しくは「神葬祭」や「神道葬祭」「神葬」といった名称が使用されています。

私達は普段の生活でお寺と神社を明確に区別していないことも多く、その違いをそれほど意識せずに生活していることもあります。

しかし葬儀の場においては仏式と神式ではかなり大きな違いがあるので、同じようなものと思って参列をするとそこでのマナーがわからず困ってしまうということもよくあります。

仏式と神式で最も大きく異るのが、「焼香」の代わりに行われる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。

仏教においては死者を弔うためにお線香をあげるというしきたりがあることから、参列者が順番にお香を仏前にあげるという方法がとられます。

しかし神道においては「死」は穢れをともなうものとされており、亡くなった人は黄泉の国へ行くと言われます。
ただし戦後の神社を基盤とする宗教団体は、死者は高天原(たかまがはら)へ行き守護神となって子孫たちを見守るというふうに新たに定義を作りました。

そのあたりの定義の混乱が現在の神式葬儀における儀礼の意味を曖昧にしている点はありますが、基本的には仏式の葬儀における「通夜」にあたる「通夜祭」および「葬儀・告別式」に該当する「葬場祭」と「遷霊祭」では、まず死者の穢れを払い、故人を家の守護霊として祀るという二つの行為を儀礼として行います。

具体的な玉串奉奠の作法について

玉串奉奠は通夜祭および遷霊祭と葬場祭の流れの中で祝詞の間を縫って行われます。
基本的には仏式の焼香と同じような形で、参列者は順番に遺影の前に進みい出てそこで玉串を掲げて祈りを捧げます。

「玉串」とは榊の枝に紙垂(しで)という紙片をつけたもので、小さな一本の枝くらいの大きさをしています。

まず最初に斎主(神官)に一礼をしたのちに台座に置かれている玉串を手に取り右手で根本を、左手で枝の先を支えるようにして掲げます。

そのまま根本を自分の体側に引き寄せるようにして回転させ、ちょうど自分の体の正面から直角に玉串を持つようにします。

その後さらに同じ方向に半回転させて今度は根本と枝の先を180度変えて、根元側を祭壇に向けるようにして持ちます。

最後に左手で持った玉串の根本からゆっくり祭壇に向けて下ろすようにして台座に戻し、数歩下がって2回深く礼をします。

その位置で「忍び手」という拍手の音を鳴らさない合わせ手を行い、再び深く一礼をしてから自分の席に戻ります。
基本的には全国にある神社で行われている「二礼二拍一礼」と同じ方法で祈りを捧げるという決まりです。