社葬における通夜ぶるまいとお開き

社葬の場合には、亡くなった人が所属していた企業と取引をしている企業や人物とのつながりを維持することが大きな目的の一つとなります。

そのため、葬儀の席とは別に故人にいて語らいの場を設けるための通夜ぶるまいの席は社葬における大切なものです。

通夜ぶるまいとはお通夜に出席してくれた弔問客に対し、任意で出席をお願いする飲食の席です。

この通夜ぶるまいは他の冠婚葬祭の席とは違って特に予約をしたり席次を用意したりということはありません。

予定がある方には無理に出席をお願いするわけでもなく、また途中で退席しても特に問題はないことになっています。

しかしかといって会社が主催の葬儀に参列してくださった方に提供する食事ですから、やはりそれなりのものを用意する必要があるでしょう。

 

通常通夜ぶるまいの料理やお酒はお願いをする葬儀社の方である程度体裁の整ったプランを用意してくれます。

セレモニーホールなどを使った行うお通夜の場合には、お通夜会場と同じ施設内に通夜ぶるまいができるレストホールがあることが通常なので、特別にどこか会場を借りなくてはいけないということはありません。

もし自宅などで葬儀をする場合には自宅の客間などを使っての簡単な立食パーティーという形になります。

通夜ぶるまいで出される料理は、本来葬儀の席であることから肉類や生臭い魚類は避けるべきという認識がありました。

ですが最近ではそうした食べ物に関する禁忌はだいぶ緩くなってきており、簡単につまんで食べることのできるお寿司などがよく用いられているようです。

 

通夜ぶるまいの席ではお酒も出されますが、ここで飲み過ぎることは控えるべきです。

中にはついつい飲み過ぎてしまう弔問客の方もいるかもしれませんが、ほどほどのところで止めることができるように世話役の人はきちんと見て周るようにしましょう。

また、本当は退席をしたいのだけれどもどうもタイミングがつかめないという人のために、ある程度の時間が立ったら一度お開きにして先に帰る人のタイミングを用意しておくということも大切です。

反対に時間に余裕があり、久しぶりに故人について語りたいという人のために終了時間まで席をたたまずに待つということもまた大切な気遣いです。

 

ただ社葬の場合は通夜ぶるまいをするとかえって気を遣わせてしまうことから、あえて席は設けずにおみやげですませたり、あってもごくごく簡単な料理のみにするということもよくあります。