納骨堂の種類・費用

一般的な納骨堂

最近は納骨堂というものも知られるようになってきました。

納骨堂というのは、基本的に一時的、もしくは半永久的に納骨を行う場所、もしくは施設のことです。
場所というのはお墓であったり、共同墓地などが該当します。
お墓に関しては説明不要かも知れません。
多くの人が納骨といえばお墓と理解していて当然でもありますし、人によってはお墓などの清掃をされていて、そのことについて詳しい人もいるでしょう。
子どもであってもお盆にお墓参りされているのであれば、どのような仕組みになっているのか良く知っているかと思います。

なので、簡易的に納骨堂の案内を行っていきますが、納骨というのは納骨堂に対して行うのであれば、それほど制限は無いということだけ案内していきます。
お墓のようなものは絶対に必要と思っている人も多いでしょう。
ですが、そもそもお墓というのは家族の希望で建てるかどうかを選択できるようになっています。
大人として体面上の都合もありますので、お墓を利用されている人が多いという状況であることを理解すると、宗教といってもお墓が絶対に必要というわけではないことも理解できるでしょう。

要約すると、納骨堂とお墓は別物です。
一般的なお墓には納骨堂と同じ機能を持っている部分が存在するため、納骨堂というとお墓だと言われているだけなのです。
つまり、今では一般的な納骨堂もずいぶんと様変わりしています。
例えば、先ほど出てきた共同墓地に納骨を行っている人も増えていますので、お墓そのものを建てていない人も多いのです。

このような行為は昔であれば考えられませんでした。
しかし、今ではお盆という理由だけで帰省される人も、お墓参りされる人も年々減っているのです。
共同墓地はクリーニングに関しても営業を行っている企業で行われ、また管理番号が存在するので自分の所有しているお墓も簡単に見つかります。
なによりお墓の形状でなくてもお墓として扱われるため、好きなデザインのお墓を選べるというメリットもあるのです。

現代ならではの納骨堂

先ほど共同墓地について案内しましたが、こちらはまだ元々のお墓の形状を参考にしている分だけ、宗教を意識したお墓だと言えます。

ですが、ロッカー式の納骨堂も存在しますので、こちらに関しては完全に現代的なデザイン、管理方法だと理解したほうが良いでしょう。
宗教とは無関係に運営されていますので、金属製のロッカーを納骨堂と言っているだけでもあります。
管理番号がパソコンで管理されていますので、立体駐車場と同じような形で納骨堂が点在していると理解したほうが良いでしょう。
納骨したものを取り出す際も番号を連絡して、番号と一致する納骨堂が機械により選出される形になっています。