永代使用と永代供養とは?

永代使用と永代供養の違い

一般的なお墓というのは、必ず永代使用と永代供養がセットになっていますので、多くの人は永代使用と永代供養が前提でお墓の管理、供養を行っている形になっています。

分かりやすく案内すると、自分の代だけでなく次の代も利用できるサービスが永代使用と永代供養です。
永代使用の場合は土地に対して言っているものだと理解しましょう。
土地というのは宗教によって扱いが違っているのですが、宗教(お寺など)で管理している土地の一部を、宗教に属している人に対して分け与えているというのが、永代使用の特徴です。
個人が同じような形でお墓を管理する場合、そもそも土地を購入されていない場合は所有権を獲得しなければいけません。
これでは葬儀後の納骨であり、お墓の購入などがスムーズに済みませんので、多くの人は永代使用を選んでいるのです。

ちなみに、永代使用や永代供養は途中で解約できる仕組みのものではないので、そのことは事前に理解されてから申込むようにしましょう。
宗教で案内を受ける際は、「返還・転売は許可されていません」と案内されますが、人の生死に関するサービスでもあるので、このような対応ができないというのは自然な話です。
ただ、人によってはもっと自由度があるもの・・・と思っている人もいますので、近年ではこのような話をわざわざされる宗教も増えてきました。

次に永代供養について案内させていただきます。
永代使用とは違い永代供養というのは、お墓に関するお世話をお坊さんが行ってくれることを意味しています。
お墓があっても、宗教上では弔いの意味がありませんので供養が必要ということです。
最近になってこのことも知られるようになってきましたが、供養というのはレンタルという形でお坊さんに依頼することも可能です。
しかし、このような対応では大きな損失を招くこともありますので、総合的にお安く済む永代供養を選択される人が多くいます。
また、故人を弔うのであればなるべく関わり合いのある人が良いということで、最寄りのお寺の住職さんに供養をお願いする人も多いです。

現代は省スペース時代?

現代であっても宗教は大事にされています。
ですが、完全に宗教そのものを否定されている人も現代では少なからずいるので、永代使用と永代供養をまとめてレンタルにされている人もいるのです。

このような人のことを罰当たりという人もいますが、昔と比較して現代では葬儀、お墓であっても自由度が尊重されるようになりました。
なので、若い人ほど罰当たりだからという理由で、レンタルを選択しないというわけでは無いのです。
ただ、レンタルで永代使用と永代供養を支払う場合は、主に先払いを要求されるので人によっては支払いで揉めることもあります。