地域ごとの違い

納骨堂の誕生

今では、当然のように納骨堂が存在しているため、多くの人は宗派に関係なく葬儀後は納骨堂のお世話になります。
そのため、納骨堂とはなんなのか?と思っている人は少なく、形式的に利用せざるを得ないものとしか理解されていないことが多いのです。

なので、今回は納骨堂とはなんなのか?納骨堂とはどのようにして誕生したのか?を案内していきます。

まず、納骨堂とはなんなのか?について案内していきますが、納骨堂とは一時的に納骨を行う場所であり、施設全体を指して用いられる専門用語です。
宗教に属している場合、一時的に預かりますという案内を受けるので、便利なサービス程度に思われている人が多いとされています。
ただし、その際に納骨堂を指定してしまって良いのか判断しなければなりません。
というのも、人によっては親とは違う宗派、宗教に属している人もおられるからです。
過去であれば家族で宗教は統一されていました。

というのも、子どもが生まれた際に宗教に属するか親が決めていたからです。
しかし、近年では思想の自由を重要視する声が多くなってきているため、このような考え方も古い考えとして見られるようになっています。
そのため、納骨堂そのものをお墓とセットにする人も増えてきました。
ここで納骨堂とはなんなのか?のまとめとなりますが、現代では納骨に際している施設全体を指す言葉として理解するのが適切なようです。
昔のように良く利用されているお寺を指して使われるわけではない・・・というのが、現代らしい納骨堂の捉え方です。

次に納骨堂とはどのようにして誕生したのか?を案内していきます。
納骨堂は北海道など、季節によっては葬儀、お墓に納骨を行うまでの対応が難しい地域で、盛んに利用されていたという記録があります。
つまり、一時的な預かりが最初から行われていたわけでなく、地域で対応されていた納骨の形式が、現代では統一されているだけなのです。
そのため、現代では地域の納骨も参考にする形で、一時的にお寺で納骨を済ませるのが当然となりました。

墓石がカラフルなケースも存在する!?

地域ごとの違いについて、先ほど納骨の一時預かりについて案内しました。
しかし、地域ごとの違いは納骨だけではありません。

前述しましたが、近年では宗教であっても自由度の高い葬儀、納骨などが重要視されるようになっています。
そのため、お墓と言っても白に近いものもあれば、若者が好きなデコレーションが行われている墓石も存在します。
人が近づくとBGMが鳴り響くタイプもあり、中には発行するタイプの墓石まで存在するのです。
なので、墓石にはおおまかな決まりがあるものの、指定の色、形状を絶対に守らなければいけないというわけでは無いのです。