お墓に納骨するときの期限と手順

石材店に依頼

お墓への納骨についてですが、字彫りを石材店に依頼するのも大事です。
字彫りとはお亡くなりになった方の名を、すでに所有されているお墓に対して行うというものです。

また納骨そのものは予約制ではありませんので、実は好きなタイミングで納骨を行っても良いようになっています。
ただし、字彫りはそのようになっていません。
現代でもお墓参りといった宗教との関り合いを大事にされている人は多くいますので、字彫りに関してもスケジュール調整が必要だからです。
なので、事前に相談しておくのも大事です。

また、このようなケースでは石材店との関係を親密にしておくことも大事です。
今まで利用されていた石材店はどこであったのかを調べておき、石材店に連絡を入れるようにしましょう。
良くわからない場合は、お墓の管理者(通常はお寺のお坊さん)に聞いてみると良いです。
お亡くなりになった方が、石材店やお寺の関係者と仲が良かった場合は、すぐに手配してくれることも多いため時間の節約にもなります。

それと、納骨堂とお墓は一緒ではないので注意してください。
納骨堂とは、一時的に納骨を済ませておける場所、施設のことです。
そのため、長く納骨を済ませておくということはできません。
一般的には四十九日法要が終了した際に、お墓に対して納骨を済ませてしまうという人も多いです。
どのようにお墓への納骨を済ませれば良いのかわからないという場合、このような手順で対応されると良いでしょう。

ただ、このような対応に関しては基本的に自由です。
なので、どうしてもスケジュール調整が上手くいかない・・・という場合は、無理に四十九日法要を意識されないでも良いでしょう。
法要などは弔いの意味も含めて重要となります。
なので、今では宗教に属している人が家族、親族において少ないという場合、宗教的な対応を意識されないでも問題無いということです。
宗教との親密な関係を良しとする場合は、お墓への納骨を期限・手順に沿って対応したほうが良い程度に理解してください。

期限はない

前述とほぼ同じ内容となりますが、お墓への納骨には期限がありません。

なので、長期において納骨のみ済ませておき、お墓に対する納骨は後回しになっても問題ないのです。
人によってはお墓を受け継ぎたくないという人もいるでしょう。
そんな場合は、別のお墓を販売されている共有スペースから選ぶようにします。
今ではロッカー式、省スペースの共同墓地タイプのお墓が販売されていますので、形式に望んで納骨を行う意志がないという方は、このような方法で自分なりの納骨を行ってみると良いです。

ただし、通常のお寺に任せる納骨のほうが、納骨後の管理・供養の面で優れている場合が多いので、そのことも踏まえてお墓選びを行う必要があります。