お墓を受け継ぐときの注意点

清掃が重要視されている

お墓を受け継ぐときの注意点について案内していきますが、お墓を受け継ぐときはなるべく清掃についても理解するようにしましょう。

というのも、お墓の管理を行う人物としても引き継ぐことになるからです。
しかし、お墓の管理をお盆などに墓参りする人と勘違いされる人もいます。
ですが、正確にはお墓の手入れ、もしくは墓地全体の管理を理解して引き継ぐ必要があるのです。

なぜ、今回このような話をしたのか?というと、ご近所トラブルのようにお墓に関しても隣接されている人同士でトラブルが起きているからです。
その中で最も多いのが若い人が引き継いでから、まったくお墓が清掃されていないというトラブルです。
これは体面上あまり良くありませんので、自分で対応するか、もしくは業者に依頼して清掃を定期的に行っておくようにしましょう。

また、その際に檀家を引き継ぐことにもなりますので、必ずお寺なども訪問しておいたほうが良いです。
というのも、お亡くなりになる前に両親や、家族の誰かが法要などを取り決めておいてくれるケースは稀だからです。
後になってこれらの対応をされると、家族間でトラブルになることもありますし、お墓の清掃と同じで親族間で体面を汚してしまう恐れがあるのです。
若い人が法要などの対応をする場合、関係者に連絡を入れる際にスケジュールの調整が上手くいかない・・・というトラブルもあります。

家族にとっても重要なイベントなので、一人で判断せず家族と話し合うことも大事です。
それと、名義変更手続きも必要なので、そのことも理解して引き継ぐ必要もあります。
面倒臭がっていると、後になってお寺の人や親族に迷惑をかけてしまいますし、人によっては対応が遅いせいで体面を汚してしまうこともあるでしょう。
お墓の管理はお墓のことだけでなく、プライベートも含めた引き継ぎになることを理解して行ったほうが賢明です。

法的な義務はない

最近では知られるようになってきましたが、お墓というのは引き継がないという選択肢も存在します。

というのも、法的な義務はないからです。
ただ、納骨に関する対応は必要となっていますので、なにもかも雑に対処しないよう注意しましょう。
納骨に関して詳しくない場合は、お寺で用意されている共同墓地を利用しないだけで問題ありません。
お墓を引き継がない時点で供養なども必要でないと考えている人が多いため、今ではレンタルスペースのような形で、納骨堂も販売されている時代なのです。

省スペースで管理されている土地なので、利用の際は30万円前後で利用できる墓地も存在すると覚えておきましょう。
ただし、どのような施設・機関を利用される場合でも、相場より極端に安いというケースは少ないです。