社葬における忌中・喪中

忌中・喪中 社葬と個人葬の大きな違いの一つとして、忌中・喪中という概念があります。 個人葬の場合、仏教方式では葬儀が終わったあともしばらくの期間は遺族たちは喪中・忌中として御祝いの行事への出席を控えるなど行動を制限する風

出席できないときの対応

事情があって出席できない場合 人の死は誰にも予想ができることではありません。 個人葬でも社葬でも、実際に死亡が確認されてから葬儀が開かれるまでというのは非常に短い時間内で行われます。 基本的には訃報を受けた人は葬儀に出席