社葬で重要な受付・接待係

社葬は、社内に在籍する人間が亡くなったとき全て行われるというわけではありません。大企業の会長や社長など、亡くなったことを取引先などに強く周知してもらうことで、以後の取引に大きな影響を与える場合など、企業として何らかの意義

社葬にかかる費用の会計

気になる費用 葬儀は親しい人が亡くなったときに必要となるものとして、なんとなく日常的に会話をするのははばかれる内容です。 そのため、一般的な葬儀を開くために必要となる金額について詳しく知っている人は決して多くありません。

社葬時の役割と分担方法

個人葬の場合 個人葬を行う前には、まず喪家となる親族が一同に会し、そこで誰がどのような役割を担当するかが振り分けられます。 個人葬の場合、最初に決められるのは喪主と世話役です。喪主は普通故人の配偶者か長男、第一子が担当す

種類と選び方

社葬と明示する意味 社葬と明示して葬儀を行う場合、故人を偲ぶ会という意味合いはもちろんあるものの、同時にその関係企業の新体制アピールの場所としてもまた重要な意味を持ちます。 この2つの側面は会社の規模が大きくなるほど両立