出席できないときの対応

事情があって出席できない場合 人の死は誰にも予想ができることではありません。 個人葬でも社葬でも、実際に死亡が確認されてから葬儀が開かれるまでというのは非常に短い時間内で行われます。 基本的には訃報を受けた人は葬儀に出席

税務上の取り扱い

社葬の経費 社葬は企業活動に大きな貢献をした人の死を、会社として葬儀を行うことで対外的に広報するという役割があります。 社葬の対象となるのは一般的な慣習としては会長や社長、その他の取締役とされていますが、全ての企業におい

弔電の送り方

出席できない場合 社葬の案内が届いたものの、代表として出席すべき人がどうしても他の都合のために出席ができないという場合もあります。 個人葬の場合でも、非常に遠方の地域に住む人などは急な葬儀に出席することができず、弔電を送