仏道のお葬式:ご焼香のマナー

宗教・宗派によって異なる焼香 焼香は、仏式の葬儀を行う時に参列者が仏前で行う儀式です。 お通夜と葬儀・告別式の二回とも行われるのが通例で、参列をした人は順番に一人ずつ仏前に歩みあらかじめ備えてある香炉に香をつまみ入れます

禅の教えで有名な臨済宗

禅宗より分派した「五家七宗」の一つ 臨済宗は、座禅を修行の主軸とする「禅宗」の中から発生した宗教の一つです。 日本において最も大きな禅宗の団体が曹洞宗ですが、それに次ぐ大きな組織として臨済宗が挙げられます。 「禅」の教え

最澄が開祖の天台宗

腐敗の進む奈良仏教から刷新されて生まれた仏教 日本に仏教が伝来したのは西暦538年、百済の聖明王が欽明天皇に仏像や経典を与えたことがきっかけとされています。 当時日本は飛鳥時代で、その後奈良時代に入ると南部六宗として貴族