他力本願の考え方を持つ浄土宗

開祖法然が末法の時代に開いた浄土宗 浄土宗は、平安時代の比叡山で生まれました。 当時は「末法の時代」と表現されていたように、戦乱や飢餓が何年もの間続いており深刻な不安が社会全体を覆っていました。 そんな時代に念仏を唱える

密教の教えから発生した真言宗

弘法大師が開いた「即身成仏」の教えによる真言宗 真言宗は弘法大師が唐で学んだ密教の教えを日本に伝えたことにより発生した宗派です。 唐から帰国をした弘法大師は高野山を修行の場として真言宗を開き、大日如来を本尊とする寺院を建