1. >
  2. >
  3. 最澄が開祖の天台宗

最澄が開祖の天台宗

腐敗の進む奈良仏教から刷新されて生まれた仏教


日本に仏教が伝来したのは西暦538年、百済の聖明王が欽明天皇に仏像や経典を与えたことがきっかけとされています。

当時日本は飛鳥時代で、その後奈良時代に入ると南部六宗として貴族の間の学問として一つの体系が作られていきました。
民衆への布教も同時に進み、福祉事業を宗教の名のもとに行う風習もできていたようです。

しかしあまりにも宗教権力が大きくなったことから内部で政治との癒着や腐敗が進んでしまいました。
そこで桓武天皇は都を長岡京、次いで平安京へと遷都してゆき、仏教界を一新するための施策を行います。

そのために遣わされたのが最澄と空海の二人で、遣唐使として唐に渡りそこで仏教を学んで帰国をし新たな教えを構築していきます。

従来の奈良仏教から全く新しく発生した最初の仏教が天台宗で、開祖である最澄により806年に生まれました。

特徴は世俗の町から距離のある山の中に修業の場を設けたということで、唐より持ち込んだ仏教思想にさらに最澄独自の教義を取り入れています。

もともとの唐の国にあった天台宗は6世紀に起こった宗派で「法華経」という経典を最上位に位置づけています。
最澄はそれをもとに「円・戒・禅・密」を統合した「四種相承(ししゅそうじょう)」を作り上げました。

最澄の死後には弟子であった円仁や円珍により、より密教色の強い宗教として天台宗は大きな宗派を作っていくことになります。

天台宗が拠点としたのが比叡山延暦寺で、これは現在までも続く僧侶としての戒律を授けられるための戒壇が設けられている希少な寺院です。

その後鎌倉時代にはさらに数多くの仏教の宗派が登場することになるのですが、それらの開祖たちのほぼ全てがこの比叡山延暦寺で修行をしてます。

日本の葬儀の基礎とされている天台宗の儀式

天台宗は奈良仏教から離れて誕生した現在まで檀家を構える仏教宗派の中でも最も長い歴史を持つものです。
そのため葬儀における儀式の基礎を作ったのは天台宗と言ってもよいでしょう。

天台宗の教えは顕教と密教の併修によってなされており、そのため葬儀のときの読経は法華経と阿弥陀経の両方が用いられます。

故人は大乗仏教により菩薩となるとされており、そのための「円頓戒(えんどんかい)」が授けられるというのも大きな特徴です。

通夜の席では導師によって頭にカミソリが当てられる「剃度式」があり、これは実際に髪は切りませんが故人が仏門に入るということを示します。

剃度式のあと導師によって読経をされたのちに「戒名」が授けられ、翌日の葬儀式と焼香~出棺へと繋がっていきます。

天台宗においては特に焼香の回数はきっちり決まっているわけではなく、1回のみでもよいとされています。