お別れ会として社葬を行う場合の流れ

社葬という葬儀においては、故人を弔い生前の行いを偲ぶといった目的の他に、その人が勤めていた企業内で力関係などが変わるということを示す目的もあります。
社葬の形式にはさまざまな方法がありますが、最近ではその「新体制のお披露目」という目的をより全面に出すため、葬儀として厳かに行う部分を完全に切り離し、全く別のパーティーとして開くケースも増えてきました。
一般的な社葬では、まず親族のみで行う通常の個人葬と同じ「密葬」と、後日大々的に開かれる「本葬」とを分けて行います。この「本葬」の部分をさらにパーティー色を強め、宗教的色彩をなくしたものを「お別れ会」といいます。

少し以前までは、社葬は企業としての信頼性を高めるためにもカジュアルな方法ではない伝統的な行事として取り扱うことが社会常識とされてきました。
しかし、個人葬のスタイルが大きく変わってきており、従来までの読経などを行わない葬儀も増えてくるなど、あまり伝統的すぎるスタイルの方がむしろ若い世代には受け入れられにくいという状況にもなってきています。
その影響もあり、まだ創業歴の浅い企業などでは社葬としてきちんとした伝統的葬儀あえて開く方法をとらず、パーティー的な形式で気軽に人を集める方法を選ぶところも少しずつ増えてきました。

お別れ会(お別れの会)が通常の葬儀と大きく違うのは、その会場として葬儀専門のセレモニーホールなどを使わず、ホテルやレストランといった普通のパーティー会場でも行われるということです。それらのパーティー会場ではそもそも遺体や遺骨の持ち込みを禁止していることがほとんどなので、それらを持ち込まずに会を開くこともあります。
葬儀と違ってお別れ会の場合は特に習慣的に決められていることや禁止されていることがあるわけではないので、主催する企業の担当者の意向により、その場の雰囲気や進行はさまざまです。
立食パーティーのようなビュッフェスタイルがとられることがあったり、ビデオやスライドを上映して故人の生前の様子を回想するような結婚式に似た進行がされることもあるようです。

パーティー色の強いお別れの会の場合、僧侶を呼んでの読経や焼香も完全に省略されることもよくあります。場合によっては喪服着用すら省略することもあるほどです。
年配の方にとってはやや抵抗感のある方法かもしれませんが、今後このような葬儀らしくない社葬は増えてゆくのではないかと予想されています。