気をつけたい言葉遣い

「忌み言葉」を聞いたことがあるでしょうか。
冠婚葬祭の席においては、親戚や知人、仕事を通じた知り合いとしてその時の気持ちを言葉で示さなくてはいけませんが、そのときどんな言葉を使ってもよいというわけではありません。
敬語表現に気をつけるだけではなく、縁起が良くないとされている言葉の言い回しにも十分に留意し、きちんとした言葉遣いで挨拶をするようにしましょう。
特に社葬においては挨拶一言にしても、それは自分だけの言葉ではなく、所属する会社などの組織を代表して送られる言葉として捉えられてしまいますので、普段以上に厳しく言葉の内容はチェックしておくようにしなくてはいけません。

日本の葬儀・法要における「忌み言葉」とは、不幸や悪いことが続くことを連想させる意味を持つものや、音や語呂合わせとしてよくない響きを持っているものです。
正確に伝統的な忌み言を並べていくと、一冊の辞典ができてしまうほど膨大な量となってしまうのですが、現在では比較的儀礼的な拘束は柔らかくなってきているので、重大なものや代表的なものだけをきちんとおさえておければ大丈夫です。
忌み言葉として一般的なものを上げていくと、まず不幸やよくないことが続くことを連想させてしまう、「重ね重ね」「たびたび」「いよいと」「またまた」「次々」「返す返すも」「重々」「再び」「続ける」「繰り返す」といったものがあります。
忌み言葉は話の流れとしては意図していなくてもその単語を使うこと自体がよくないこととされます。
例えば「○○社長には、重ね重ねお詫び申し上げたいこともありました」といったような文脈であっても、「重ね重ね」という言葉が出てきただけで、相手方には失礼なこととされてしまうので気をつけましょう。
この場合はシンプルに「○○社長にはお詫び申し上げたいこともありました」としておけばよいです。

また、宗派によっては使ってはいけない言葉もあります。
仏教式の葬儀においては定型句となっている「ご冥福をお祈りします」や「ご愁傷さまです」「供養」「成仏」「往生」「冥途」といった言葉も、神道やキリスト教においては使うのは不適切です。
仏教における「成仏」や「往生」は、神道においては「帰幽」「御霊となる」、キリスト教においては「召天」「神のもとに帰る」といったふうに置き換わります。
もっとも、知識が浅いまま言葉だけを入れ替えても帰って失礼となることもあるので、身近でない宗派の葬儀に出る場合には「謹んでおくやみ申し上げます」のようなどこでも使える言い回しにするとよいでしょう。