1. >
  2. >
  3. 一周忌法要のお布施の相場は?

一周忌法要のお布施の相場は?

一周忌にはお布施を払う必要がある

大切な人が亡くなってからちょうど1年の節目には、「一周忌」の法要を行う必要があります。
法要では僧侶が仏壇の前で読経を行ってくれますが、この際には「お布施」を渡す必要があります。

お布施は本来「お供え」として渡すものであり、「僧侶が読経をしてくれることに対するお礼」ではありません。
そのため一周忌に支払うお布施の金額は、はっきりと決まっているわけではありません。
ただ、目安となる相場の金額はあるため、これを参考に一周忌のお布施額を決めると良いです。

一周忌には、3~5万円を目安としてお布施を渡すべき

一周忌のお布施は、だいたい3~5万円を目安として渡すと良いです。
法要は各節目で行う必要があり、一周忌の前には四十九日があります。
四十九日にもお布施を渡しますが、一周忌の相場と四十九日の相場は同程度と考えて良いです。

これを目安に金額を決めると良いですが、地域や家庭によってお布施の額は異なります。
そのため一周忌法要のお布施の金額で迷ったら、周りの人にも聞いてみると良いでしょう。
例えば親戚などは比較的身近な人であり、お布施についても理解していることが多いです。
また、近所の人の意見も参考になります。
こうした人が僧侶の方へ渡しているお布施の額を知ることで、よりマナーを守った金額を渡しやすくなります。

また、以前から読経をお願いしていたり、古くから関係のあるお寺に一周忌法要を依頼するなら、そのお寺を紹介してくれた葬儀社に聞いてみるのも良いです。
葬儀社はお布施についての相談にも乗ってくれるため、迷ったときには聞いてみましょう。
「ほかの方は、お布施としてどれくらいの額を考えられているのでしょう」のように相談すると、葬儀社のスタッフは答えてくれるはずです。

一周忌法要は身近な人だけを呼んで行う法要

一周忌法要は一般的に、身近な人を呼んで行います。
あまり故人と関係の浅い人は呼ばず、古くからの友人や知人、家族や親族で行います。
お布施はこうした人たちの前で渡すことになりますが、身近な人たちの前ではつい雰囲気がくだけてしまいがちです。
ただ、僧侶の方にはマナーを守り、ていねいに渡すように気をつけましょう。

お布施を渡すときには袱紗にお布施を包んだり、白い封筒に入れて渡すのが基本です。
白い封筒はスーパーやコンビニなどで購入できるものでも構いませんが、郵便番号を書く部分はないものを選ぶことが大切です。
細かいことに感じるかもしれませんが、僧侶の方は意外と見ているものです。
きちんとマナーを守ってお布施を渡すことで、一周忌がより良いものになるはずです。

一周忌法要のお布施の相場については、以上です。
ぜひ参考にして、一周忌のお布施の額を決めてください。