1. >
  2. >
  3. お布施とはなんですか?

お布施とはなんですか?

お布施はお寺の僧侶・住職へ渡すお金

お布施とは「お寺の僧侶や住職の方へ渡すお金」のことを指します。
お寺へお参りに行くときには、僧侶や住職の方へ読経をお願いすることがよくあります。
このときに渡すのがお布施であり、お参りへ行くときには僧侶や住職へ渡すのが一般的となっています。

ただ、お布施を「読経や戒名のお礼」として考えている人は多いですが、実はこれは間違っています。
お布施の本来の意味は「仏様である本尊へのお供え」として住職の方などへ渡すものです。
つまり、読経などのサービスに対する費用ではないのです。
これは間違えやすいため、気をつけておきましょう。

お布施はどのタイミングで渡すべきか

お布施を渡すときに、読経の前か後かで迷うことがあります。
お布施はお寺へ入るときに、受付の方へ渡す方法が一般的です。
住職の方はほかの方の読経などで忙しいことが多く、本人に手渡そうとしても難しいことがあります。
そのためこのように受付の方へ渡すとスムーズです。

ただ、本人とゆっくり話す時間があるときは、法要などが始まるときに直接渡すのも良いです。
「宜しくお願い致します」のように伝えて、礼儀を守って渡しましょう。

また、法事を終えてからお布施を渡すのも良いタイミングです。
読経を終えたら、少し休憩してからその場を離れる僧侶などの方は多いです。
そのため休まれているときに、「ありがとうございました」と伝えて手渡しましょう。

以上のようなタイミングでお布施を渡すと、マナーを守ることができます。
慣れないうちは戸惑ってしまうかもしれませんが、しっかり覚えておきましょう。

さらに、葬儀の際にお布施を渡すこともあります。
このときはお寺と自分たちとで挨拶をするタイミングがあるため、このときにお布施を渡すのが一般的です。
葬儀の前に「本日は宜しくお願い致します」と伝えて渡せば良いでしょう。
ただしこれも臨機応変な対応が必要で、簡単な挨拶だけしかする時間がない場合は、葬式が終了してからお布施を渡すのも問題ありません。

お布施の渡し方

お布施は「白い封筒」もしくは「半紙にくるむ」という形で渡します。
封筒の表には「御布施」と書くのが一般的ですが、人によっては書かないこともあります。
また、お布施を渡すときは封筒を手に持って渡すのも良いですが、できればお盆に乗せて渡すとよりていねいです。

状況によってはお盆に乗せるのが難しいこともあるため、できればで大丈夫です。
なるべくていねいに扱うようにして、僧侶の方などに失礼のないように気をつけてください。

お布施の基本は以上です。
きちんと身につけておくと、今後に役立つはずです。
1度身につければ今後は繰り返し知識を活用できるため、学んでおきましょう。