1. >
  2. >
  3. 三回忌法要のお布施の相場は?

三回忌法要のお布施の相場は?

三回忌の法要を行うときには、お布施の確認を

三回忌とは、大切な方が亡くなってから3年目に入る節目で行う法要を指します。
大切な方が亡くなってから数年経つと、その人がいない生活に慣れてくると思います。
しかし三回忌を行うことで亡くなられた方を、振り返ることができます。

三回忌のときには四十九日や一周忌と同じく、僧侶の方を呼んで法要を行うのが一般的です。
このとき僧侶の方に読経をしてもらいますが、お布施を渡すことになります。
相場を知っておくことで、より三回忌をスムーズに行うことができるはずです。

三回忌法要のお布施の相場は、1~5万円ほどを目安に

三回忌法要の相場は、1~5万円を目安にしてください。
一周忌から少し時間が経つため、人によっては三回忌で多めの金額を僧侶の方にお渡しすることがあります。
一周忌や四十九日は1~3万円が相場ですが、三回忌では5万円を検討するのも良いでしょう。

ただ、5万円という金額はかなり大きいため、生活費を圧迫しやすくなります。
そのため自分はお布施で5万円を渡したいと思っても、パートナーは「3万円で良いのでは」と考えることがあります。
そのため自分一人の判断で決めるのではなく、必ず相談して決めることが大切です。

三回忌に限らず法要を行うときには、必ず家族や親族に確認や相談をして執り行うことが大切です。
三回忌は身内だけで行うことが多く、親族や親しい友人、近所で付き合いの長い人などだけを呼ぶことが多いです。
こうした人にも必要であれば話をしながら、三回忌について考えましょう。

また、お布施の金額は葬儀社やお寺に相談するのもおすすめです。
葬儀社はほかのご家庭がどのくらいのお布施を渡しているかについても詳しいため、聞いてみると地域の相場を教えてくれることがあります。
お寺にお布施の金額を確認するのは少し気が引けるかもしれませんが、ていねいに聞けば問題ありません。

それよりも相場からかけ離れた額をお布施として渡してしまうと、僧侶の方からマイナス印象をもたれてしまうことがあります。
もちろん僧侶の方は金額について口出しすることはありませんが、こうしたことにならないためにも、前もってしっかりと相場を確認しておくことが大切です。
また、最近はインターネットでもお布施の相場を調べることができるため、地域の相場を口コミなどで確認してみるのも良いでしょう。

三回忌法要を、しっかり執り行おう

三回忌の相場は以上のような金額となっています。
1万円や3万円でも構いませんが、必要に応じて5万円なども検討してみると良いでしょう。
お布施について下準備をしっかり行い、マナーを守った額をお渡しして三回忌法要を無事に終えましょう。