受注方法に関するトラブル

社葬に関するトラブル事例ですが、どの葬儀社に依頼をするかについて迷っているときに隙につけこむようにして受注をされたということが問題としてよく言われています。
ほとんどの場合、人は病院内で亡くなりますが、完全に死亡が確認されたのちには自宅などに亡骸を引き取ることになります。
しかしいきなり人が亡くなったような場合には、遺族や会社の関係者も混乱をしていることがよくあり、その遺体の移動についてや保管方法について、どこでどうやればよいのかが全くわからなかったりします。
悪質な葬儀社の中にはそうした人が亡くなったあとの混乱に乗じて話に入って来、無理やりに葬儀をとりおこなうという受注方法をすることもよくあります。

実際の事例で紹介をすれば、亡くなったあと亡骸を霊安室に置いていたところ、突然業者の人が現れてその遺体を移動させなくてはならないと言って勝手に引きとっていくようなケースです。
遺体を引き取ってしまえばその後の手続は自然とその葬儀社が行うことになってしまっていたりするので、遺族や会社関係者がどのように葬儀をするかまだはっきり決めていたわけではないのに、意思を確認せずに行う悪質な行為です。
そうした業者にありがちなのが、突然おしかけるようにして訪れてきたにも関わらず、さも当然のことのようにふるまったり、葬儀に関しての知識や経験がない相手方の足元を見て一方的な内容提示を行うといったようなケースです。
親しい人が亡くなった直後というのはただでさえ混乱して正常な判断ができにくいものですが、そこにつけこまれて多額の費用を請求されたとなっては、かなりのちのちまで悪い思い出として残ってしまいます。

他にもいつの間にか勝手に葬儀をすることが決められていたという不満を持ったようなケースもよく聞かれています。
そうした悪質な受注販売方法にひっかからないためには、まず冷静に物事を判断できるようにしておくということと、できるだけ信頼出来る第三者に付き添ってもらって、葬儀の段取りをお願いできるようにしておくということです。
社葬など多くの人が関わるような場合には、それぞれしっかりと連携し、いつの間にか受注されていたということがないように指揮系統を作っておくようにしましょう。