社葬時の役割と分担方法

個人葬を行う前には、まず喪家となる親族が一同に会し、そこで誰がどのような役割を担当するかが振り分けられます。
個人葬の場合、最初に決められるのは喪主と世話役です。喪主は普通故人の配偶者か長男、第一子が担当するようになっており、故人にもっとも親しい身内として死亡通知書に氏名を記載し、葬儀の最高責任者として式を代表します。
一方世話役とは、実質的に葬儀の進行をとりしきるまとめ役となる人で、こちらは特に故人との血のつながりの濃さの順序に関係なく、親類縁者や親しい友人などの中から適任者が選ばれます。
個人の場合は基本的にはこの喪主と世話役が中心となり、他の具体的な係を任命しながら式全体の内容を仕切っていくことになります。

それでは規模の大きな社葬の場合はどうでしょうか。
葬儀を社葬として扱うかどうかは、まず取締役会で承認をされる必要があります。承認後は、同じく取締役会にて葬儀委員長が選任されます。
葬儀委員長とは、社葬における喪主のような存在で、例えば会長が亡くなった場合には社長、反対に社長が亡くなった時には会長もしくは副社長が、といったように、立場的に最も近い存在であった人がなるのが通例です。
ただ個人葬と違って会社の規模や形態などによって事情が異なるので、必ずしも社内に籍が置かれる人がならなくてはいけないという決まりはありません。
いずれにせよ、死亡通知書・葬儀案内状における署名部分に記載される代表者名となるので、名目的に責任の最も高い人がなります。

個人葬において実質的に仕切りを行う世話役にあたるのが、社葬の場合は葬儀副委員長です。個人葬の世話役と同じく、葬儀副委員長は特に社内的・社外的な立場や身分の高さはほれほど重視されず、実質的に社内事情に詳しく会を仕切るのに適任とされる人が選ばれます。
社葬の場合、数百人~千人以上の規模となる参加者がみこめる非常に大きな会となることもあるので、葬儀副委員長の他に運営委員長が任命され、内部統制をはかったり実際の指示を出したりする総括を担当することもあります。

葬儀の統括責任者の下には、それぞれ葬儀にかかる収支を担当する会計係、出席する人の名簿を作成する受付係、供花や供物などをいただく時の管理を行う係、葬儀のときに到着時の接待などを行う来賓係などが個別に役割を分担されます。
司会進行や会場内での案内など当日必要なスタッフについては、社内ではなく葬儀社など外部のプロに任せることがよくあります。