合同葬(ごうどうそう)

合同葬とは、亡くなった人と親しい間柄にある親族などが行う葬儀と、故人が生前に大きく関わってきた会社の行う葬儀とを同時に行う方法です。
よく「合同葬」という言葉の響きから、複数の亡くなった人に対して同時に行う葬儀の方法のように勘違いをされることがありますが、それは「合祀(ごうし)」や「共同葬儀」と呼ばれるもので合同葬とは全く別物です。
亡くなった人が生前に会社内で重要な地位であったような場合には、会社がその葬儀の主催者となる社葬が行われることが通常となっています。
しかし社葬では家族なと会社に直接関係のなかった人にとってはあまり故人を悼むことができにくいということもあり、社葬とは別に密葬という形で小さく式を開くこともよくあります。
密葬と社葬を別々に行う場合においては、それぞれが独立して全く違う式として行われるようになっているため、同じ人の葬儀を二度行うということになっていました。

合同葬とは、そんな密葬と社葬とを同時に行うようにした方法です。
合同葬における「合同」とはプライベートな関係者と会社関係者の二者が合同で行うという意味になっています。
合同葬を行う場合には、その葬儀にかかる費用のほとんど(会場設営、機材準備、受付など人員の配置、通夜振る舞いなど)を企業側が負担することとし、プライベートな部分で故人を悼む部分については個別に家族側が負担するようになります 。
合同葬の場合に集まった香典は会計処理の都合上すべてが遺族のもとにゆくことになり、そこから香典返しを用意するようにしていきます。

合同葬のメリットは、なんと言っても複数回葬儀を行わずにすむため、時間や費用を大きく短縮することができるという点です。
社葬が行われる目的とは、会社に長く携わってきた人がなくなったということを周囲の取引先に広くお知らせし、今後もより長いお付き合いをしていただきたいということをお願いするためです。
対して個人葬(密葬)の場合にはそうした付き合いの部分はほとんどなく、純粋に故人の死を悼むために行われます。
しかしながら同じ人の葬儀を何度も行うというのは、手間も費用もかなり多くかかってしまい、準備も大変です。
そんなときに、プライベートで集めたい人と会社関連の人とを同じ場所で別の趣旨で一度に葬儀を行うことができれば、心理的にも肉体的にもかなり負担感が軽くなります。
会計面においても、個人葬を同時に行う方が社葬の費用が軽くなることもあり、現在は多くの社葬で用いられるようになってきています。