棺(ひつぎ)と柩(ひつぎ)の違い

亡くなった方の亡骸を収める重要な役割をするのが棺桶ですが、実は棺桶という入れ物を示す言葉である「ひつぎ」には棺(ひつぎ)と柩(ひつぎ)という二種類の文字があります。
棺(ひつぎ)と柩(ひつぎ)の違いについて、おそらくほとんどの人が全く意識することなく使っているのではないかと思います。
いわゆる棺桶と呼ばれるものは棺(ひつぎ)の方をさしており、入れ物そのものをさしていることは直感的に理解できます。
一方の柩(ひつぎ)ですが、こちらは同じ棺桶でも中に亡骸が収められている状態のことを示しています。
柩という文字をよく見てみると、文字の右側には四角に囲まれた中に「久」という文字が入れられています。
これは箱の中に「人」が入っていることを示しているものであり、中に亡骸が入った棺桶の状態を視覚的に表すものです。

棺(ひつぎ)と柩(ひつぎ)の違いを最もわかりやすく示しているのが、亡くなった人の体を棺桶の中に収めるために行う儀式である「納棺式」と、それを運び出すための「霊柩車」という乗り物です。
他にも棺桶に関わる用語は葬儀を通して何度か登場をしてきますが、それぞれ亡骸が入っているかどうかによって細かく文字の使い分けがされていることに気が付きます。
注意してそれぞれの用語を見ていくと、意外な発見をすることができます。

なお豆知識ですが日本における一般的な棺桶は長方形の形をしており、上から蓋をかぶせて小窓が開くという形状になっています。
このような長方形の棺のことをキャスケット型といい、諸外国ではアメリカで同じような形状のものが使われています。
なお吸血鬼ドラキュラでおなじみの棺桶は頭の部分が広く、足元にゆくほど幅が狭くなっており、扉のように蓋の部分が開け閉めできるようになっています。
こうのような形状のものをコフィン型といい、主にイギリスでこの形状の棺桶が使われるようになっています。

日本の棺桶の最も大きな特徴は、柩として運びだされたあと、その筐体ごと火葬場で焼かれるようになっているということです。
キリスト教圏の国では宗教的な教えにより亡くなった人は火葬せずに箱のまま地面に埋められるようになっています。
しかし日本では亡くなった肉体はすでに魂が仏のもとへ旅立っているため、亡骸をきれいな白骨の状態にすることがより供養となるという教えがあります。
そのため日本の棺桶は燃えやすい素材が用いられており、また人を収める前までの保管場所に困ることがないようにと、簡単に折りたたみができるようなタイプが使われています。