戒名

仏門に入った証として与えられる

仏教では仏門に入ったことを示す証として付与される戒名という名前が付けられます。
本来であれば出家をして仏道の修行を行うことになった人に対して与えられるものなのです。
日本の場合は仏教式で葬儀を執り行った場合に、故人に対して戒名が与えられることになっていることから、戒名の存在を聞いたことがあるという方も多いはずです。
これは死生観の変化に伴い、亡くなった人は成仏できるという考え方に基づいているとされています。
何となく、亡くなれば必ず戒名が付けられるものだと思っている方も多いですが、改めて戒名のことを知ってみると様々な秘密が隠されていることがわかります。

戒名は二文字

実際に付けられた戒名を確認してみると、人によってはかなり長い戒名になっていて、「立派な戒名ですね」という声がよく聞かれます。
しかし、実際には長ければ長いほど良い戒名とは言えません。
本来であれば戒名は二文字で表現されるものなのです。
これは、仏の世界では現世の行いに関わらず、誰もが平等な存在であることを示していると言われています。
長い戒名だと捉えられるのは、院号や位号などが付けられることから、長い戒名に感じられるのです。

院号とは生前にお寺に貢献をしていたり、社会的に大きな貢献をした人物だとされる人に対して付けられるものです。
昔はお寺を建立した人に対して付けられていたものなので、そういった意味では立派な人物だったと認められているものだと捉えることができます。
位号とは戒名の下に付けられるもので、亡くなった時の年齢や性別、社会的な功績などによって変わります。
例えば居士や大姉などの位号については、生前厚い信仰を持っていた方に対して付けられるものです。

戒名料は高い!?

日本では死後に戒名が付けられることが多くなっていますが、問題視されているのは戒名料が想像以上に高額だったというケースです。
特に昔はお寺に貢献してくれた立派な人物だと評される人に対して付けられていた院号を、現在では特にお寺に貢献をしていたわけでもないのに院号を付けて欲しいという声が増えました。
そこで院号を付けるに値するお布施を収めた人に対して院号を付けるという流れが多くなったため、戒名料は高額だとの声が高まっているのです。

本来であれば、戒名料に相場はありません。
住職によっては明確にいくらですと金額を提示する方もいますし、気持ちだけで結構ですという方もいます。
一番わかりやすいのは葬儀社に訪ねてみるのが正確な金額を把握しやすいかもしれません。
これまでにたくさんの葬儀を執り行っていることから、戒名の金額についてもわかっている可能性が高いからです。
地域に密着している葬儀社ほど、わかりやすいかもしれません。