忌中、喪中

知っているようで知らない事

自分に近しい親族が亡くなった際には一定期間喪に服する期間が必要になります。
喪に服する期間で気をつけたいのが、忌中と喪中の違いです。
それぞれ同じ事だと捉えている方も多いですが、厳密には違いがあります。

忌中とは

現在の日本では仏教に基づく信仰が多いという特徴がありますが、元々は神道による信仰が浸透していました。
神道では、人が亡くなることを「けがれ」として捉えています。
この「けがれ」とは、「汚れ」「穢れ」「気枯れ」など様々な説があります。
昔から死に対して恐れを抱いていた人達の考え方では死を忌み嫌うのが一般的だったことから、忌中期間は極力外出を控えるのが望ましいとされています。
時に祝いの席には遠慮をしなければいけない、神社へ参拝してはいけない、殺生もいけないなど様々な禁止事項があるとされています。
神道に基づいた考え方ですが、忌中期間については仏教の考え方として死後49日で次の命を受けるという内容に基づいて49日が忌中期間とするのが多いです。
神道と仏教の考え方が融合しているのは、日本ならではの考え方といえるでしょう。
厳密には宗教によって違いはありますが、仏教の考え方によると四十九日法要=忌明け法要が終わった段階で忌明けとすることが多いです。

喪中とは

親族が死去したことで一定期間喪に服して慎ましく過ごすことを喪中と言います。
本来であれば、喪中期間は喪服を着用して外出を控えて過ごすのが一般的でしたが、現在では仕事や学校などの問題もあるため現実的には喪に服し続けるのは無理だという考え方が多いです。
ただし気持ちの問題として、大切な故人の死を偲び極力慎ましく過ごすことは大切に考えなければいけません。
以前は服喪日数が法律により定められていて、自分の父母や夫が亡くなった場合は13ヶ月間つまり向こう一年間と定められていました。
かつて存在していた法律に基づき、一般的に喪に服する期間とは一周忌が終わるまでの期間だと言われています。

忌中、喪中期間の注意点

忌中や喪中に注意しなければいけない事がお祝い事への出席についてです。
例えば喪中期間中に結婚式に招待されたという場合には、出席を控えるのが一般的です。
故人が結婚式に出席するのを心待ちにしていたという特別な事情を除き、お祝いの席にはできるだけ出席しないようにしてください。
逆に、結婚式を挙げる立場になった場合でも、喪中の方を結婚式に招待しないように配慮しなければいけません。
喪中であることを全く知らなかったという場合を除き、喪中の方を結婚式にお誘いするのは非常に失礼な話です。
また、日本では元旦に年賀状を送付する習慣があるため、11月頃くらいには喪中はがきを出すようにしてください。