密葬(みっそう)

密葬とは、最近増え始めている葬儀の形式です。
通常の葬儀では、身内だけでなく近所づきあいのある人などかなり多くの人が参加することになっています。

ですが、密葬の場合にはそうしたあまり生前に親しい付き合いをしてきたわけではない人からの出席はご遠慮してもらい、身内やごく親しい間柄の人のみで行うようになっています。

葬儀を密葬として行う場合には、それのみで葬儀を終わらせることもありますが、そのあとで本葬儀として多くの人を招いて行う式をすることもあります。

普通葬式と呼ばれる儀式においては「葬儀式」と「告別式」の2つがあります。
厳密な定義を説明すれば、葬儀式とはいわゆる葬式としての一連の流れを行うもので、納棺、お通夜、葬儀式、出棺、火葬、法事、納骨までのことをさしています。

これらのすべての流れを含んだ式のことを「葬儀式」と呼んでいたのですが、葬儀に参列する人数が増えてくると自宅などで行っていた葬儀にすべての人が参加することができなくなってしまったため、軒先などで簡単に焼香を行えるようにするしくみが誕生しました。

それが昭和に入ってからは自宅ではなく広い場所を借りて行う葬儀が一般化してきたため、独立的に多くの人を読んで行う部分の儀式のことを特別に「告別式」と呼ぶようになったのです。

密葬においては告別式を行わず、自宅など小さな場所を使って家族や親しい少人数のみで一連の葬儀式を行っていきます。

密葬が最近急増してきた背景には、その場所で生活する人が地域という単位であまり強いつながりを持たなくなってきたということと、葬儀にあまりお金をかけたくないということが影響しています。

確かに従来のような告別式を含む葬儀の場合には、故人をあまり良く知らないけれども付き合い上止む絵を得ず参列する人も出てしまうため、そうした人たちから香典を受け取ったりといった面倒をなくすためにひっそりと行いたいと思う人が多いようです。

また、密葬がよく行われるのは故人が会社の役員など重要な役職についていたため社葬として葬儀が行われることが決定しているような場合です。

先に密葬の場合にはあとで本葬儀をすることもあると述べましたが、これは社葬においてはまさにそのケースに該当します。
密葬では亡くなった故人を家族など親近者のみで先に悼んだのちに、あらためて会社関係の人たちのための式として社葬が別途大きな会場を使って行われるようにしています。