通夜振る舞い(つやぶるまい)

通夜振る舞いとは、お通夜に参列してくださった人に対して振る舞う軽い飲食のことです。
人が亡くなったときには、まず仮通夜として自宅に亡骸を引き取り一定期間を過ごしたのちに、葬儀場へ移動して本通夜を行うことになります。
本通夜は通常夕方6~7時ころから始められるようになっており、だいたい1時間少々くらいで終わるようになっているため、だいたい通夜振る舞いは8~9時くらいの時間帯に行われます。

通夜振る舞いが行われることには、故人を悼む供養としての意味が込められています。
通夜振る舞いへの参加はお通夜に参加された人であれば基本的にはだれでもできるようになっており、軽食をしながら故人についてそれを知る人同士で語らうということが趣旨となっています。
通夜振る舞いを準備するのは遺族やその葬儀を取り仕切る会社関係の方となりますが、お通夜に参加された方に積極的に声をかけるとともに、できるだけたくさんの人に飲食してもらうようにすることがしきたりとなっています。
また通夜振る舞いを勧められた方はよほどの事情がない限りはそれを断るようなことはせずに、例えひと箸だけでも口をつけることがマナーとなっています。

通夜振る舞いをする会場においては、主に故人について話をするとともに、家族から臨終のときの様子やその前後に残された言葉などを教えてもらうといったことが行われます。
軽食とともにお酒が提供されることもよくありますが、仮にも葬儀の席ですので遺族のことも考え、あまり賑やかな飲み会にするのではなくしめやかに故人を思いつつ盃を傾けるようにします。
昔ながらのしきたりでは、この通夜振る舞いはかなり長い時間をかけて行われることもよくあり、夜通し故人を思って飲食をするということもよくあったようです。
しかし現在ではどちらかというと儀礼的な意味が大きくなってきていることもあり、長くても2時間程度でお開きになっています。

通夜振る舞いで難しいのが、注文をする料理の分量です。
葬儀の場合通知は広く行いますが、そのすべての人に必ず出席をするようにお願いするものではありません。
また、お通夜に参列された方がどのくらい通夜振る舞いにまで残ってくださるかということも直前までわかりませんので、しばしば注文をしすぎて大量に余ってしまったり、反対に注文が足りずに十分に食事をすることができなかったということもよく起こります。
こればかりは当日になってみないとわからないというのが本音のようです。