遺言(ゆいごん)

遺言とは、個人が亡くなったあとに自分の所有していた財産などをめぐり争いがおきないように、その分配方法や処分の方法を書き残しておく書面のことです。
遺言は必ずしも作成をしなくてはならないものではなく、全く何も残されていなかったからといって資産や所有していたものの処分ができなくなってしまうということはありません。
ですが、一般的な事例に適用される相続に関する法律では、その家族に公平感のある分配を行うことができないこともよくあります。
そこで、生前の様子などを鑑みて、自分の築いてきた財産をより自分の意志に即した形で配分できるようにするのが遺言ということになります。

遺言ではあらゆることを指示することができますが、必ずしもその内容がすべて実行できるわけではありません。
遺言は法律で定められる相続方法よりも優先的に適用されますが、それに異議を唱える相続人がいたばあいには、法的な制限のもと遺言通りではない分配方法が行われるようにもなっています。
しかしながら遺言の効力はかなり強いものであるので、多少内容に偏りがあったとしてもそれに明確に異議をとなえない限りはその内容の通りに実行をされてしまうことになります。

最近では「エンディングノート」として遺言とはまた別に自分の意思を示すためのノートを作成する人も増えてきています。
遺言はその効力の大きさから、正式に法的効力を持つためにはいくつかの条件をクリアしなくてはならないこととされています。
正式な効力を持つ遺言の種類は3つあり、それぞれ「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」と呼ばれています。
いずれもきちんと書面として残っていることが条件となっており、今のところ録音した音源やビデオ映像による遺言では正式な効力を持つことはできません。
自筆証書遺言とは、文字通り生前に自分の手で書面に文字をしたためるという方法です。
この場合重要なのは必ず自分の手書きで行わなければならないという点で、パソコンやワープロなどを用いた書類は無効です。
公正証書遺言とは、弁護士など専門家である公証人の立会のもと、遺言内容を口述しそれをきちんとした書面としてまとめたもののことをいいます。
公正証書遺言は作成に立ち会った公証人が保管をし、死後開封をして実行をすることとなっています。
最後の秘密証書遺言とは、遺言者が手書きもしくはワープロなどで作成した書面に封書をし、署名捺印など規定を守って弁護士などの公証人に預けるというものです。
秘密証書遺言の場合には、内容は開封されるまで誰も知らないということが特徴です。