1. >
  2. >
  3. 社葬の規程を作成する

社葬の規程を作成する

社葬には規程が必要

社葬は企業が故人の供養を行うものであり、社内や社外の人へ広くその事実が通知されることになります。
そのためしっかりと気をつけて執り行う必要があり、不十分な準備で社葬を行うと、場合によってはトラブルが起きてしまうことがあります。

こうしたことを防ぐために、社葬をスムーズに行うために「規程」を作る企業もあります。
社葬を行うときのルールをしっかり決めておくことで、必要なときに問題を生じさせることなく故人の供養をすることができるのです。

近年はグローバル化やインターネットの普及が進み、ますます情報には注意する必要があります。
社葬の規程はこの意味で、とても必要といえるのです。
そこでここでは社葬の規程について、基準や含めるべき内容を紹介します。
参考にして、自社に合う規程を作成してください。

社葬の規程で決めるべき「開催の基準」

社葬の規程に含めるべきこととして、まずは「社葬を行うかどうかの基準」を含める必要があります。
例えば一般の社員が亡くなった場合、確かにその人が亡くなったことは残念ではあるものの、企業全体で社葬を行う必要はない場合があります。
この場合、社内で関係する人はごく一部のため、家族で執り行うお葬式に、企業の関係者が参列することで済むのです。

一方、企業のトップや要職に就いている人が亡くなった場合、社内だけでなく社外のさまざまな人に関係します。
この場合は社葬を行う必要があり、きちんと関係者に周知する必要があるのです。

このように、どのような場合に社葬を執り行うかについては基準が必要です。
社内の社葬担当者の間で会議を行い、その基準を決めましょう。
決定した基準に沿って社葬を行うか判断することになるため、その基準は分かりやすく、決定しやすいものでなければいけません。

社葬の内容も決める必要がある

社葬を行う基準を決めたら、内容についても決めておく必要があります。
社葬を行う必要が生じたときに毎回最初から考えていると、非常に大きな時間や労力がかかります。
しかし社葬でどのようなことを行うか、どのような順番で進めるかという内容を決めておくと、社葬が必要になったときに大枠ができているため、それに沿って執り行えば良いことになります。
つまり社葬のマニュアルを作成することで、今後の企業経営に役立つのです。

社葬の内容についても担当者の間で話し合い、必要なことを盛り込みましょう。
このようにして規程を作成したら、それに従って今後は社葬を行うようにします。
最初に作成した規程は不十分な点があることが多いため、改善してより良いものにしていきましょう。
すると社葬を行うときに、迷わず準備や実行をすることができます。