1. >
  2. >
  3. 社葬の実行委員を選出する

社葬の実行委員を選出する

社葬を行うためには、組織の体制を準備する必要がある

社葬は社内や社外に対して故人が亡くなったことを通知するため、社内で体制を整えて正式に行う必要があります。
やみくもに社葬を行うと対外的に通知が上手く行き届かなかったり、場合によっては経営上のトラブルに発展したりすることがあります。
そのため必要な方にはきちんと連絡が行き届くように配慮する必要があるのです。

社葬を万全の体制で執り行うためには、「実行委員会」を作るのが有効です。
社内で担当者を選出して社葬の実行委員会を作り、このスタッフで社葬を計画・実行・運営してもらいます。
するときちんと段取りを整えた上で社葬を行うことができるため、故人を正しく供養することができ、今後の経営にも支障をきたすことがありません。

実行委員会の役割とは

実行委員会は、社葬についての責任を担うチームとして機能します。
社葬についての全ての連絡や準備をこのチームが担うことで、社内や社外に漏れなく通知が行き届くようにすることができます。
また、社葬当日も滞りなく運営が進むようになります。

実行委員会は社葬を行うために結成されるため、役割が済んだら解散となります。
今後社葬を行う機会があれば再度編成されますが、社葬はあまり頻繁に行うことはありません。
そのため1回の社葬を終えたら、事実上ひとまずその実行委員会は完全に解散となります。

社葬の実行委員はどのように選出するか

社葬は企業の大切な方を供養する行事であり、重要度が高いものです。
そのため一般社員が責任者となって進められることは少なく、総務部の部長などがリーダーとなって準備や運営を進めることが多いです。

ただし社内業務の進捗度合いによっては、総務部の部長が社葬実行委員会の責任者を兼任することが難しいこともあります。
この場合は秘書課など、別の部署の管理職に就いている者が委員会の責任者となることもあります。

責任者が決まったら、残りのメンバーは責任者が任意で選ぶことが多いです。
総務部や事務から担当者を選び、業務を割り振って社葬当日に向けて準備します。

社葬はお葬式ではあるものの、一般の家庭で行われるよりも規模が大きく、そのための準備も大掛かりなものになります。
社内連絡の担当者、社外の担当者、記録係、葬儀社との打ち合わせ担当など、実行委員会のスタッフで役割を分担して当日の準備を進めます。
実行委員会は多くの企業で10名以内の体制で行われることが多く、5名ほどのチームで進めることもよくあります。

社葬はこのように、しっかりと準備を整えて行う必要があります。
実行委員会をどのように編成し、運営するかの概要を知っておくことで、より社葬をスムーズに行いやすくなります。